【公式】チームラボフォレスト 福岡 - SBI証券

メイン画像
2020.07.21(火) - 常設福岡, みずほPayPayドーム福岡隣
かかとの高い靴、サンダルなどのお足元が不安定な靴ではご体験いただけない作品が多くあります。
メイン画像
2020.07.21(火) - 常設福岡, みずほPayPayドーム福岡隣
かかとの高い靴、サンダルなどのお足元が不安定な靴ではご体験いただけない作品が多くあります。

チームラボフォレスト 福岡 - SBI証券

チームラボフォレストは、アートコレクティブ・チームラボによる「捕まえて集める森」と「運動の森」からなる新しいミュージアムです。

「捕まえて集める森」は、「捕まえ、観察し、解き放つ」をコンセプトに、自らの身体で探索し、発見し、捕まえ、そして、自ら捕まえたものをきっかけに興味を広げていくことを主眼とした新しい「学びの空間」です。スマートフォンを片手に探索し、様々な動物を捕まえ、観察し、自分のコレクション図鑑をつくっていきます。

「運動の森」は、「身体で世界を捉え、立体的に考える」をコンセプトに、空間認識能力を鍛える新しい「創造的運動空間」です。複雑で立体的な空間で、強い身体性を伴って、身体ごとインタラクティブな世界に没入します。

捕まえて集める森

「捕まえて集める森」は、「捕まえ、観察し、解き放つ」をコンセプトに、自らの身体で探索し、発見し、捕まえ、そして、自ら捕まえたものをきっかけに興味を広げていくことを主眼とした新しい「学びの空間」です。スマートフォンを片手に探索し、様々な動物を捕まえ、観察し、自分のコレクション図鑑をつくっていきます。

季節展示7.06から

捕まえて集める森 - A Whole Year per Year / Catching and Collecting Forest - A Whole Year per Year

「捕まえ、観察し、解き放つ」をコンセプトに、自らの身体で探索し、発見し、捕まえ、そして、自ら捕まえたものをきっかけに興味を広げていくことを主眼とした新しい「学びの空間」。スマートフォンのアプリを片手に探索し、様々な動物を捕まえ、観察し、自分のコレクション図鑑をつくっていく。

現実の時間の流れの中で、時間とともに変化する森と海には、季節ごとに様々な動物が住んでいる。動物に触れると、振り向いたり、逃げたりする。

アプリ《Catching and Collecting Forest》をダウンロードする。
アプリのカメラで空間を歩いている動物を見て、そのカメラに写っている動物に「観察の矢」を放つと、現実の空間に「観察の矢」が飛ぶ。「観察の矢」が当たると、空間からその動物は消え、自分のスマートフォンに入る。観察した動物の情報は、アプリの図鑑にコレクションされる。
捕まえた動物を、アプリのカメラで見えている場所に投げ込むと、リリースされ、その場所に戻る。

また、好きな場所で「観察の網」を投げ込むと、足元に「観察の網」を張ることができる。まわりの人々にも協力してもらい、身体を使って、動物を「観察の網」に追い込み、捕らえると、動物は空間から消え、同じように図鑑にコレクションされる。捕まえた動物を投げ込むと、リリースされ、足元に現れる。

コレクション図鑑は、同じ動物でも、捕まえれば捕まえるほど、より詳しい情報が書き込まれる。

運動の森

「身体で世界を捉え、世界を立体的に考える」をコンセプトに、脳の海馬を成長させ、空間認識能力を鍛える新しい「創造的運動空間」です。複雑で立体的な空間で、強い身体性を伴って、身体ごとインタラクティブな世界に没入します。
季節展示7.06から

鼓動する谷のグラフィティネイチャー - Symbiotic Lives, A Whole Year per Year, Red List / Graffiti Nature in a Beating Valley - Symbiotic Lives, A Whole Year per Year, Red List

鼓動する谷は、高低差のある立体的な地形でできており、視覚による認識と身体による認識が分離され、うごめいている。

みんなが描いた様々な生き物たちが、鼓動する谷に生息している。紙に生き物の絵を描く。すると、描いた絵に命が吹き込まれ、目の前に現れ動き出す。
生き物たちは、他の生き物を食べたり、他の生き物に食べられたりしながら、共に1つの生態系をつくっている。
あなたが描いて生まれた生き物は、他の生き物を食べると増えていく。逆に、しばらく他の生き物を食べられないと死んでいなくなる。また、他の生き物に食べられるといなくなる。

サンショウウオはヘビを食べ、ヘビはトカゲを食べ、トカゲはカエルを食べ、カエルは蝶を食べそれぞれ増えていく。また、蝶は、花が咲いている場所で増えていく。
花は、人々がじっとしているとその場にたくさん咲いていく。逆に、人々が踏んで歩き回ると散ってしまう。そして、サンショウウオは、人にたくさん踏まれると死んでしまう。
生き物たちは増えたり減ったりしながら、この世界に広がっていく。あなたが描いた生き物も、この場所のどこかで増えているかもしれない。探してみよう。

ときおり、《花と共に生きる動物たち II》に呼応して、現実世界の今の季節の花々が生き物たちから咲きはじめる。人々が生き物の花々を踏むと花々は散ってしまう。

レッドリスト(Red List)とは、国際自然保護連合による、絶滅の危機を調べた生物種のデータベース。この作品には、絶滅のおそれがある生き物をはじめ、レッドリストに登録されている様々な野生生物が登場する。

アプリ

アプリ画像
アイコン画像

Catching and Collecting Forest

《捕まえて集める森》は、アプリと一緒に楽しむ作品です。

動物を捕まえる
アプリのカメラで、壁にいる動物を狙って光の矢を投げ込んだり、足元に罠を張ったりして、動物を捕まえます。

動物を観察する
捕まえた動物は空間から消え、あなたのスマートフォンに入って、アプリの図鑑にコレクションされます。様々な動物を捕まえ、観察し、自分のコレクション図鑑をつくっていきます。

動物を解き放つ
捕まえた動物を投げ込むと、リリースされ、その動物は作品空間に現れます。

お絵かきファクトリー

Food&Shop画像
お絵かきファクトリー
あなたが描いた絵がプロダクトになって、持ち帰れます。
《グラフィティネイチャー》で、あなたが描いて生まれた生き物は、ここでオリジナルの缶バッジ、ハンドタオル、Tシャツ、トートバッグになります。
もっとみる

来場案内

会場情報

チームラボフォレスト 福岡 - SBI証券

会期

2020.07.21(火) - 常設

開館時間

平日: 11:00 - 20:00
土日祝: 10:00 - 20:00

* みずほPayPayドーム福岡ナイター開催日、イベント開催日は変更の可能性があります。
詳細はBOSS E・ZO FUKUOKA公式サイトをご確認ください。

ウェブサイト

アクセス

住所

BOSS E・ZO FUKUOKA 5F / ボス イーゾ フクオカ 5F
福岡県福岡市中央区地行浜2-2-6

現地語での住所:

BOSS E・ZO FUKUOKA 5F / ボス イーゾ フクオカ 5F
福岡県福岡市中央区地行浜2-2-6
よくある質問

チケットについて

当日券の販売はありますか?
ありますが、前売券が完売した場合は、当日券の販売は行いません。 事前のチケット購入をお勧めいたします。 なお、「チケット購入」にて空き状況を確認することができます。
支払方法が知りたい
下記支払方法がご利用いただけます。 【券売機】 VISA、マスター、JCB、アメックス、ダイナース、 PayPay、アリペイ、ウィーチャット、現金 【WEB】 VISA、マスター、JCB、アメックス、ダイナース、 PayPay、アリペイ
料金が知りたい
・2024年7月20日以降の入場 16歳以上:2,400円 〜 高校生・大学生・専門学生:2,000円 〜 * 学生料金は日本の学校に通う学生のみ対象、受付にて学生証の確認を致します。 15歳以下:1,000円 〜 3歳以下:無料 ・2024年7月19日までの入場 16歳以上:2,400円 〜 15歳以下:1,000円 〜 3歳以下:無料 * 別途障がい者割引料金あり * ハイシーズンは料金が異なる場合がございますのでご了承ください。
団体割引・障がい者割引などの各種割引はありますか?
障がい者割引がございます。
チケット購入後にキャンセルはできますか?
チケット購入後のキャンセルはできません。
チケット購入後に時間変更はできますか?
チケット購入後の時間変更はできません。

入場について

服装について注意点はありますか?
かかとの高い靴、サンダル、下駄などを履いている方は、入場できないエリアがが多くあります。
入館までに待ち時間はありますか?
混雑時は、ご入館までお待ちいただく場合がございます。
チケット券面に記載の時間内であれば、再入場は可能ですか?
申し訳ございません。再入場はできません。
年齢制限はありますか?
年齢制限はございませんが、 お子様(12歳以下)のご利用には、 お子様3名様につき保護者様1名の同伴が必要です。 ※同伴の保護者様も料金が発生します。
ベビーカーで入場できますか?
ベビーカーでのご入場はできません。 3階のベビーカー置き場をご利用の上、ご入場をお願いいたします。

その他

カメラや動画の撮影は可能ですか?
可能ですが、フラッシュの利用はご遠慮ください。 ※撮影に一脚・三脚・自分撮りスティック等の補助機材は使用できません。 ※事前に許可のない商業目的の撮影はお断りいたします。
営業時間が知りたい
営業時間は下記となっております。 平日: 11:00 - 20:00 土日祝: 10:00 - 20:00 ※PayPayドームナイター開催日、イベント開催日は変更の可能性有
飲食の持込は可能ですか?
飲食物の持ち込みはご遠慮ください。 また、展示スペースでの飴・ガムを含む飲食も お断りしております。
車いす・体に不自由がある場合でも利用可能ですか?
ご利用は可能ですが、一部入場できないエリアがございます。
すべてみる

お問い合わせ

一般のお問い合わせ

まずは「よくあるお問い合わせ」をご確認下さい。
それでも解決しない場合は、お問い合わせ窓口までお問合せください。

チケット

チケット料金

2024年7月20日以降の入場
* 別途障がい者割引料金あり * ハイシーズンは料金が異なる場合がございますのでご了承ください。
大人
16歳以上

2,400円

高校生・大学生・専門学生
* 学生料金は日本の学校に通う学生のみ対象、受付にて学生証の確認を致します。

2,000円

小人
15歳以下

1,000円

2024年7月19日までの入場
大人
16歳以上

2,400円

小人
15歳以下

1,000円

チケット

注意事項

注意事項

•当館ご利用の際のお怪我や損失・損害、その他トラブルなどにつきまして当館では一切責任を負いません。
•営業中止を除き、いかなる場合もチケットの払い戻しは行っておりません。
•チケットの転売は禁止しており、転売にて購入いただいたチケットではご入場頂けず、その場合も当館は一切の責任を負いません。
•メンテナンスの関係で、一部の作品をご体験いただけない場合がございます。
•会場内は暗く、高低差・不安定な足場の箇所が多数ございます。
•お子様連れのお客様は、保護者様の監督責任のもと安全にお過ごしください。
•子供(12歳以下)の方のご利用には、保護者様の同伴が必要です。
•無料のお子様含め、子供3名につき保護者様1名が必要です。
•展示スペースでの喫煙、アメ・ガムを含む飲食はお断りしております。
•会場内にトイレ・休憩室はございません
•体調不良・泥酔状態でのご入場はお断りしております。
•作品の特性上、光の点滅/点灯、大きい音などの演出がございます。
•全長50cm以上の荷物は1Fもしくは3Fの有料コインロッカーをご利用ください。
•ベビーカーではご入場いただけません。3Fベビーカー置き場をご利用ください。
•補助犬を除き、動物を連れてのご入場はお断りしております。
•車椅子での入場可能台数には制限がある為、ご入場をお待ちいただく場合がございます。
•フラッシュのご利用はご遠慮ください。
•撮影には一脚、三脚、自分撮りスティック等の補助機材は使用できません。
•事前承諾のない商業目的の撮影や取材はお断りしております。


持ち込み禁止物

•危険物、臭気物、生花など

•ペットボトル、水筒以外の蓋が無いドリンク類

•その他、スタッフが危険であると判断した物品


下記に該当する方は安全上ご体験いただけない作品があります。

•妊娠中の方
•車椅子をご利用の方
•ご自身での自立歩行が難しい方
•運動の森では、安全上、かかとの高い靴・サンダル・下駄などの、お足元が不安定な靴でのご入場をお断りしております。
アーティスト
logo
チームラボ
アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、そして自然界の交差点を模索している国際的な学際的集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。 チームラボは、アートによって、自分と世界との関係と新たな認識を模索したいと思っている。人は、認識するために世界を切り分けて、境界のある独立したものとして捉えてしまう。その認識の境界、そして、自分と世界との間にある境界、時間の連続性に対する認知の境界などを超えることを模索している。全ては、長い長い時の、境界のない連続性の上に危うく奇跡的に存在する。 チームラボの作品は、ロサンゼルス現代美術館(ロサンゼルス)、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(シドニー)、南オーストラリア州立美術館(アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(メルボルン)、アモス・レックス(ヘルシンキ)に収蔵されている。 teamlab.art Biographical Documents teamLab is represented by Pace Gallery, Martin Browne Contemporary and Ikkan Art.